パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法

動画マニュアル 工数は分割する

パワーポイントのプレゼンテーションビューレットビルダーで読込み、YouTubeにアップする。
サンプルはこちら

ビューレットビルダーではパワーポイントファイルを呼び込む方法が二つあります。

1:スライドショーをそのままキャプチャーする
パワーポイントのスライドショーの設定から「出席者として参照する(ウインドウ表示)」にチェックを入れます。
パワーポイントの設定
そのままスライドショーを行うと、スライドショーがウィンドウ表示になりますので、
ビューレットビルダーの「ビデオキャプチャ」で撮影、同時に音声も入れていく方法です。
ビデオキャプチャの使い方

サンプル動画のようなムービーを作成することができ、YouTubeや動画配信サイトにMP4データとして配信することができます。

2:パワーポイントのスライドを画像として取り込み、イメージプロジェクトを作成する
パワーポイントのスライドを画像として取り込む
この場合はパワーポイントのアニメーションは表示されません。
ビューレットビルダー側で音声をスライド単位で入れていくことになります。

折角作ったパワーポイントを活用しよう。

過去のプレゼンテーション、社内教育やセミナーのパワーポイントをそのままにしておくのはもったいないですよね。
ビューレットビルダーで動画コンテンツとして、再利用しましょう。

パワーポイントを動画にする場合の注意点

1:1スライドの情報量を減らす
パワーポイントのプレゼンテーションは、プロジェクターで投影するために作成されている場合、パソコンやタブレットなどで表示させることを考えると、画像や文字などは読みずらいかもしれません。
パソコンで閲覧するスライドにするために、文字数を減らし、画像をスライドに分けて表示するなど、
シンプルでわかりやすいスライドにことも考えましょう。
*あるいはPDFなどで資料をダウンロードさせて一緒に見てもらう等

2:動きはシンプルにしましょう。

ビデオキャプチャーでは1秒間に10コマ撮影することができます。そのため、複雑なアニメーション、動きの速いアニメーションなどは
コマ落ちし、カクカウとした動画になることがあります。
アニメーションはディゾルブやフェードなどシンプルなアニメーションに差し替えするといいかもしれません。

3:YouTubeで多くの人に見せるなら、長さは3分ほどで作る
一般の人に広く配信するのであれば、多くの人に最後まで見てもらうためにも、動画は分割して配信しましょう。
1時間の内容の場合、10分単位、5分単位などで分割して録画することをおすすめします。
長い動画は最後まで見てもらえません。結果、一番重要な部分を伝えきれない場合がでてきます。

もう一度こちらの動画をご覧ください。

記憶されるためには、シンプルにわかりやすくということ忘れずに。

パワーポイントの動画マニュアル

ビューレットビルダーのビデオキャプチャー機能
ビデオキャプチャーの使い方とメリットデメリット

パワーポイントのアニメーションをmp4に出力する

動画に関するお問合せ

伝わる動画制作、解説用のマニュアル動画、プロモーション動画に関するご相談はこちらから
YouTubeを始めたい方は必読
YouTube 投稿&集客で稼ぐ! コレだけ! 技 (当社で監修)

パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法” に対して 4 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です