ウェブデザイング 2月号特集記事にお客様の事例が紹介されました

ウェブデザイング 2月号  Web動画「最新」勝ちパターン

年末年始になると「来年こそ動画」という記事が出ますね(笑)
今までは動画=YouTubeというイメージでしたが、今年に入ってからは動画=SNSという流れが出ていることも重要な変化といえます。
これは、スマートフォンの普及に伴うSNS滞在時間の長さが関与しており、その結果facebook、instagramでの動画視聴者が爆発的に増えてきているということです。
ウェブデザイング 2月号の特集はウェブマーケティング
今回はなんと、当社のお客様が2社も成功事例として取材されています。嬉しいですね!
web動画の勝ちパターン

YouTubeの人気は落ちたのか?

いろいろなSNSで動画が配信されるようになり、YouTube自体の効果が薄れた?という人もいるようですが、実際どうなのでしょうか?

当社チャンネルでは、年間100万回以上の再生回数がありますが2015年12月から2016年12月まで1年間の統計でみると
・年間再生回数108万回 再生時間92万時間・・・・ 年間通じてYouTube自体のアクセスが大幅に減少しているような変化はありません。
youtube年間
ただし当社のチャンネルも伸びどまりしています。(これは新規動画が少ないこと、競合も増えていることがいえます ここのところ新規更新していないので、頑張りますね・・・)

YouTube自体の減少は大きくない。
これは、スマートフォンでのプラットフォームでシェアを奪い合っているのではなく、それぞれのプラットフォームで動画の視聴者が増えているということがいえるようです。
また、当社では1分から2分ほどの動画を推奨していますが、動画自体の再生時間は51秒 平均再生率(最後まで視聴すると100)は62%ほどあります。
動画の長さが1分20秒以内の物で、初心者向けのコンテンツほど、再生率は高く90%以上のものも多くあります。

動画再生時間は短くなる流れは変わらずですが、有益なコンテンツは最後まで見られる確率は大きいことは変わりません。
検索対策や、PRという概念ではなく、役立つ、楽しめる中身重視のコンテンツを作ることが今後も重要です!

WEB動画 マーケティングの勝ちパターン

マイナビ出版で毎月でているウェブデザイング 2月号の特集はウェブ動画特集です。
YouTube、SNS動画で押さえておきたい基本的な内容が書かれており、おすすめです。
嬉しいことに当社でコンサルティングさせていただいた2社が紹介されています。
なお 当社自体はこの編集には関与していないので、余計にうれしい。

リリープロモーション ジャパン 百合の花 チャンネル

宇都宮 個別指導塾 コマキ塾

動画の活用 成功事例を増やします。

さて2017年はお客様の動画活用事例、成功事例を増やしていきます。
YouTubeに限らず、SNSも活用して、中小企業の情報発信、売上につながる動画マーケティングをさらに拡げていく所存です。

YouTubeのノウハウ、コンテンツマーケティングのノウハウはいろいろありますが、
実際に運用しなければわからないことが多いのです。動画活用については 一度 ご相談ください

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です