売れるホームページの仕組み 当社のお客様の事例

ブログ YouTubeを始める前に考えておく基本的なウェブ集客の仕組み事例を動画にしました。やり方、ツールはいろいろあるのですが、今回は当社のあるお客様の事例です。

始めに行なう事 

ウェブサイトにアクセスを集める方法はいろいろあります。しかし、どこに集める?どんなお客様をあつめる?
集めてどうする?という設計が必要です。
有名ブランド、すでに認知されている会社や商品であれば、注文サイトに誘導すればいいのかもしれません。しかし、
新規のお客様に値段や機能だけの比較で購入されるのでは無い場合。
説明をしなければ商品の中身がわからない場合。無形のサービスの場合
今すぐ必要、ここにしかないということが認識されていない場合
などは、

注文用のカートを導入してもいきなり注文する人はいません。

お客様のリスト化

最初に必要なのは、見込み客を集める事です。今回の事例では、メールアドレスと引き換えに小冊子を無料で提供する。
他では手に入らない役立つ、魅力的な情報を0円で販売するオファーを最初に作成しています。

役立つ情報発信から、メルマガでの情報提供を継続することで、お客様をファンに育てるという仕組みを最初に作りました。

調査した結果、ターゲットユーザーはfacebookやツイッターとの相性がいいとは言えない。
しかし、ネット検索では、一定の時期で検索需要が高いということがわかりました。

そこで、このような仕組みを最初にいきつきました。 ただ、ここで重要になるのは、

役立つ情報が「メールアドレスの提供してでも欲しい」緊急性、有益性がある、貴重な情報であることということです。

商品の詳細をホームページに掲載し、注文用のカートシステムを導入しても、新規のお客様から全く注文がこないというようなサイトが数多くあります。
残念ながら、WEBサイトは自動販売機では無いのです。

1つのファン獲得法としてお役に立てれば幸いです。
Web集客

売れるホームページの仕組みは業種、商品、お客様によって様々です。xxxが売れる!というような単純な物ではありません。
売り方と見込み客との整合性が取れた時、思った以上の収益が上がるのが面白いものです。

ウェブデモ流の動画活用も、いろいろなパターンを組合わせてご提案しています。詳しくはこちら

社内で動画活用のノウハウを持つ

動画を使って情報を的確に伝えたい、業務に動画を活用したいという企業向けの、業務に合わせたオーダーメード型講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です