社長向けコーチングサービス「社長のふくろう」PRアニメーション事例

社長のふくろうとは

社長のふくろうとは社長、経営者向けのコーチングを軸としたソリューションサービスです。専任コンサルタントが社長の経営課題を解決へ導きます。
また、コーチングだけにとどまらないフレームで厳選されたソリューションをご提案。社長の思い描く最高のビジョンを具現化いたします。
http://fu-kurou.com/

どんなサービスなのか?アニメーションでお伝えします

具体的にどんなサービスなのか?アニメーションで伝えるとより明確にイメージが伝わります。

自社サービスを動画で伝える方法

自分たちができることを解説するだけではお客様にはイメージが沸かないものです。お客様にとって、このサービスを受けるとどうなるのか?どんなベネフィットがあるのか?が一番の関心事です。サービスを伝えるにはサービスを受ける側(お客様)を主人公にしたストーリーを作ることがポイントです。

具体的なお客様をイメージする

具体的なお客様像を「主人公」にすることで説得力があります。これを実写で表現しようとすると俳優やエキストラを使ったり、スタジオを用意したりと、時間もコストも馬鹿になりません。アニメーションであれば自由に設定して表現することができます。

主人公は経営者

悩みを抱えた経営者を具体的にビジュアル化することでイメージがわくはずです。ここでは40代前半の男性(小規模会社経営、IT系)をイメージしてみましたが、これは、社長のフクロウの実際のお客様像からキャラクターを作成しています。社長のふくろうのストーリーを通してPR動画の流れを解説してみましょう。
ターゲティング アニメーションPR

経営者は孤独

周りに社員がいても意思疎通はできていない。皆が退社後、一人で悩む経営者・・・このシチュエーションは業種、業界を問わず、小さな会社の経営者なら共感できる場面ではないでしょうか?どのようなイメージになっているにせよ、経営者の孤独は世界共通ですね・・・
共感 アニメーションPR

そんな経営者をサポートするのがふくろうです

孤独な経営者のサポート、それが、社長のふくろうです。ここまで来るとサービスのイメージがなんとなく理解できるのではないでしょうか?
解説策 アニメーションPR

コーチング+アルファ

フクロウと一緒に高い山を目指す、これが経営者のコーチングのイメージです。そして、それだけではないのが「社長のフクロウ」という事が、動画で理解できるはずです。
コーチングのイメージ アニメーションPR

インタビューを行う 具体的なサービスイメージ

具体的なサービスのイメージはアニメーションで表現できます。「ふくろう」がヒアリングしているのは実際ではあり得ないのですが、アニメなので、イメージやコンセプトが理解できるのです。
ヒアリング アニメーションPR

結果はどうなるのか?イメージで表現する

これらのサービスを通してどのような結果になるのか?実際にはクライアントによって結果はいろいろですが、多くのお客様はアニメーションをとおして、自分を置き換えてイメージすることができます。自分に置き換えてイメージするという行為は逆に実写では難しいかもしれません
結果どうなるかアニメーションPR

最後にはオファーを入れます

PR動画の目的は最後のオファーにあります。社長のフクロウでは2回の無料体験セッションがオファーです。オファーはPR動画には必ず必要。PR動画で大切なのは、オファーまで飽きずに見てもらうことです
オファーが重要 アニメーションPR

いかがでしょうか?これがアニメーションのPR動画です。
重要なのはシナリオそしてイメージです。アニメーションは様々なことが表現できますが、ビジネスを伝えるシナリオは基本的なパターンは数種類しかありません。
御社のサービスを伝えるために、ターゲットを絞り主人公を決め、ストーリーを作っていく事ができれば、あとはアニメーションでPRできてしまいます。
もう一度、社長のフクロウのストーリーをご覧ください
シナリオ 絵コンテ

PRアニメーションならウェブデモ

4月よりアニメーションで伝える制作サービスをはじめました。この動画のように1分40秒でサービスを伝えることができるPR動画です。
撮影は面倒、コストもかかるとお考えの方、アニメーションなら、コストも期間もかけずに御社のサービスをわかりやすく伝えることができます。

ご興味ある方はぜひ、こちらまでお尋ねください。 アニメPR制作サービス

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから