イントロムービーの長さと役割りについて

YouTubeなどの動画作成で始めの何秒かに、前振りイントロのムービーを付ける場合があります。
動画やチャンネルのブランディングにイントロムービーを付けるのは、効果的なのか?それとも離脱を生む原因なのか意見が分かれるところです。以前 Youtubeでもコンテンツの最初にイントロムービーを付ける機能があったのですが、今年の3月には削除されています

イントロムービーはブランディングに

これから継続的にYouTubeで同じテーマを配信するなら「これは誰のための、誰が発信する情報なのか?」というイントロムービーをつけるのもいいと思います。ただし。長過ぎるのは駄目です。YouTubeの無くなった機能でも、イントロは最長5秒という短さでした。

イントロムービーを付けるなら5秒未満にすることがいいようです。

イントロは無駄か?再生持続率でチェックしよう

視聴者維持率が低い
動画視聴者はせっかちです。再生から10秒ほどで動画から離脱する人が多いのです。再生維持率をチェックして離脱率が顕著な場合はイントロムービーが長過ぎると判断した方がいいです。無駄なイントロムービーはない方がいいのです。

イントロサンプル

短く、インパクトのある動画のサンプルです。配信する動画のテーマに合わせて作る事が大切です。

このサンプルはvideobloks.comから素材をダウンロードしています。
参照:無料で試せる高解像度 動画素材集 7日間トライアルしてみた。

イントロよりもエンディングを長くする

イントロは5秒未満で短く伝える、ブランディングを目指す物としますが、エンディングは長くする事をお勧めします。
エンディングは、視聴し終わったユーザーが他のチャンネルに移動するための時間になります。最後迄見てくれるユーザーは動画に興味を持ってもらえているはずです。そのままチャンネル登録をお願いしたり、関連ページへの誘導をエンディングに行なうことが大切です。
エンディング
ここでは、ロゴとともに、チャンネル登録をお願いしています。

イントロの役目はブランディングです。短く、インパクトがあるイントロにしましょう。効果が見えないときはばっさり切ってしまってもいいです。視聴者を呼び込むのはサムネイルと動画のタイトル、登録やオファーを促進するのはエンディングになります。

参照:YouTubeチャンネル登録者を劇的に増やす裏技
YouTubeサムネイルの作り方 無料アプリ Skitchを使う

ウェブデモの集客サービス

単発相談から6か月の顧問契約まで、4つの基本メニューを用意しています。
集客のための動画マーケティング 1社限定1日研修

ウェブ集客アドバイス 単発コンサルティング

集客動画制作サービス

ウェブ集客コンサルティング(顧問契約)

その他のご相談はこちらから

ウェブデモ ソーシャルメディア
フォロー歓迎 毎日 つぶやいています ウェブデモツイッター
動画集客 Facebookページ

vine instagram もやってます。フォロー大歓迎

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です