旧動画データを変換してYouTubeに出力する

ネット閲覧者の30%はスマートフォン

インターネット閲覧者の30%はスマートフォンから、動画マニュアル.comのエントリーにも書きましたがこの3年ほどのネット環境の変貌に過去のFLASHコンテンツは、見れない検索されないものになってしまうことにもなりかねません。
[clink url=”http://webdemo.co.jp/wp2018/faq/iphone_flash/”]
Flashは、セキュリティ的に様々な欠陥があり、悪意あるハッカーに狙われやすいということから、スマートフォンで正式に閲覧できるOSはありません。おそらく今後も開発されないと思われます。
しかし、この3年でサーバーコストは大幅に下がり、通信コストも下がったことから、動画閲覧ユーザーは爆発的に増えており、特にYouTubeは、すでになくてはならないウェブサービスとなり、安全性、公共性も高くなりつつあります。企業や公共団体でも公式チャンネルを持つなど、一般企業、ビジネスでの活用が普通に行われるようになっています。

ビューレットビルダーで作成した動画マニュアル用のコンテンツも、少しずつ Youtubeに移動を行っています。

旧バージョンを取り込んでYouTubeに出力する

ビューレットビルダー4、5,6,7 のデータはビューレットビルダー8で読み込むことができます。
ただし、8のデータは 下位のバージョンで読むことはできません。
ビルダー8で読み込むと、旧バージョンデータは新しく8用のデータとして保存されます。
今回のバージョンでは動画の品質も落とさずにYouTube配信が一発でできるようになりました。
この動画では旧バージョンを読込み、Youtubeにアップする手順を解説しています。

YouTubeの使い方について

こちらの動画マニュアルにて使い方を公開しています。
どうぞご活用ください
YouTube使い方 動画マニュアル

アニメーションでPR

アニメーション制作の常識を変える。2時間で誰でもプロ並みのアニメ動画が作れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です