他人のYouTube動画をブログへ埋め込むのは著作権違反なのか?

YouTube動画をブログへ埋め込むのは著作権違反なのか?

他の人のYouTube動画を張り付けるのは問題がないのか?著作権違反とならないだろうか?という質問をいただきます。デザイナーのパクリ問題など、最近は「パクリ」「著作権」に関して敏感になっているようです。
動画をブログに貼り付ける方法

自分のYouTubeならOKだけど、他の人のYouTube動画を張り付けるのは問題がないのか?著作権違反とならないだろうか?
という質問をいただきます。ここで肝心なのはYouTubeというサービスの利用規約です。
このサービスの規約を読む限り

他の人のYouTubeコンテンツをブログに埋め込むのは問題はありません。

YouTube 利用規約 本サービスの一般的な利用–許可及び制限事項によると

お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

という記載があります。YouTubeの共有から「埋め込みコード」を選択する場合(本サービスの機能)であれば問題ないということです。

動画だけをを張り付けるブログはグレー

ブログに動画を埋め込むことは著作権的には問題はありません。ただし、動画だけを埋め込んだだけでアクセスを稼ぐ「バイラルサイト」は 商用目的に払拭する可能性があります(グレーゾーン)。*そのような行為を薦める「YouTubeで儲かる系」もあるようですが、私はおススメしていません。
子犬や子猫ばかりの動画だけ貼り付けるブログや、海外の面白ネタやTV番組を録画しYouTubeにアップロードしたコンテンツを張り付けるのは、そもそも本来の著作権(動画が違法にアップロードされている可能性が高い)の侵害をほう助していることになります。
コピーされたコンテンツをブログにはりつけるのは、ブログ運営する上でも、いいイメージはありませんし、Fecebookなどでもシェアしない方がいいいです。

参照:オリジナルコンテンツをシェアしよう

埋め込みされたくない場合は

自分のコンテンツをYouTubeで埋め込みされたくないという場合はログイン後、詳細設定から配信オプションを選び、「埋め込みを許可」のチェックを外します。
埋め込みたくない
これで埋め込みはできなくなりますが、Facebookやソーシャルでのシェアはできてしまいますのでご注意ください。

ウェブデモ ソーシャルメディア
フォロー歓迎 毎日 つぶやいています ウェブデモツイッター
動画集客 Facebookページ

vine instagram もやってます。フォロー大歓迎

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です