動画の長さはどのくらいがいいのか?

記憶に残る動画マニュアルは

ウェブ動画が一般化してきた今、動画の視聴者の志向は様々です。動画もライブ形式からショートムービー、ゲーム実況など色々ですので、これはという長さは指定できませんが、ビジネスで動画を作る場合、動画マニュアルなど業務で見せる場合は、視聴者の記憶に残す、伝えるという目的があり、ある程度のルールがあります。

動画をみるビジネスマンの心理は?

動画の主人公は視聴者です。視聴者=ビジネスマンの場合 短くシンプルな動画が良いのです。

短く、シンプルに・・・
では具体的な長さはどのくらいがいいのでしょうか?
こちらの動画で解説しました。

動画の長さはどのくらいがいいのか?

肝心なのは20秒なんですね。20秒といえば人の短期記憶は20秒が限界、集中できる最長の長さとも言われています。

エレベータピッチは20秒で伝える


参照:エレベータピッチとは?

20秒で伝えるプレゼンテーション エレベータピッチ

いかがでしょうか?ビジネスマンをターゲットにした動画であれば、このような長さを基本としておけばいいでしょう。ただ、技術的な解説や講演など、視聴者が興味を持つものであればこの限りではありません。youtubeでは動画広告は最短で6秒の動画でもいい。2時間のウェブセミナーでも視聴回数が100万を超える動画もあります。

あくまで顧客目線、視聴者目線で動画やコンテンツを考えることが重要なんです。

1分40秒でどのくらいの情報が伝えられるのか?

サービスPRの動画例ですが、情報量としてこのくらいになります。

ニュースレターでビジネスを活性化 株式会社Mind One

動画の長さはどのくらいがいいのか?まとめ

ビジネスPRの場合、情報を盛り込みつつ、飽きずに最後までみてもらい、記憶に残すことを目的とすると、理論的に1分40秒という長さが最適と思われます。

サービス・商品の説明にアニメーションを

ウェブサービスなどの形のないものを「わかりやすく」解説するアニメーションも制作しています。
ホワイトボードアニメーションなら、インパウトがあり、記憶に残る解説を見せることができます。