プレゼンテーションで魅せる3つのポイント パワーポイントのアニメーション

見てもらえないパワーポイントの特徴は

色々なプレゼンテーションを見る中で、冴えないプレゼンテーションを多く見かけていませんか?
その多くは、パワーポイントに小さな文字で箇条書きを大量に買いたり、バランスや色を無視して、やたら矢印や図形をスライドに入れたり
パワーポイントのテーマをそのまま利用しているスライドが多いようです。
また、冴えないプレゼンテーションはスライドを読んでいるだけ。配布資料を読むのと変わらないため、自然と目線は資料だけを見てしまい、そのうち眠くなる・・・全く内容も覚えていない・・・ということが多々あります。

魅せるパワーポイント プレゼンテーション

プレゼンテーションは「伝わる」ことが一番重要です。これは自分の言いたいことを「伝える」ということではありません。
伝わるプレゼンテーションの本はたくさん出ていますので、今回は特に動画で魅せる場合のプレゼンテーションについて解説します

1:伝えることは3つまで

パワーポイントの見せ方
伝えたいことは数あれど、相手に理解してもらうには、要点は3つに絞ります。多くの視聴者は全てについて覚えてくれることはありません。
重要なポイントベスト3を見せた方が記憶に残り、伝わります。

2:テキストは短く、判読できるように

動画は見せるもの と割り切ってください。 詳細資料は別途資料を用意したり、詳細のサイトへ誘導しましょう。短く、的確な言葉を選び、「中学生」でもわかるような単語を使ってください

3:動画にする場合は、インパクトを持たせる

プレゼンテーションで見せる場合は、インパクトのある動きを入れましょう。また、説明内容を補填するイメージは大切です。
この動画では、3つのポイントをいかに動画で見せるか?伝えるか?ということにこだわったスライドです。
魅せるプレゼンテーションムービーのサンプルとしてご覧ください

パワーポイントをもっと活用したい

パワーポイントはもっと活用できます。当社では、魅せるパワーポイントの講座やプレゼンテーション動画の制作も始めています。

魅せるパワーポイント講座

プレゼンテーション制作サービス

サービス・商品の説明にアニメーションを

ウェブサービスなどの形のないものを「わかりやすく」解説するアニメーションも制作しています。
ホワイトボードアニメーションなら、インパウトがあり、記憶に残る解説を見せることができます。