見てもらえる動画を作るには

株式会社ウェブデモ 川崎です。

 

 

■ビューレットビルダー6 ダウンロードキャンペーン

■8月の無料セミナー開催のお知らせ
見てもらえる動画を作るにはどうしたらいいのか?

 

動画作成後、多くの方に見てもらうことはとても重要です。
これはウェブコンテンツ全てに共通して言えることですね。
動画作成時に考えなければいけないのは、
「動画(あるいはコンテンツ)は誰に見てもらいたいのか?」
ということです。

 

動画マニュアルの場合は
「お客さんが知りたい情報」にフォーカスします。
具体的には
「一番問合せが多い内容を動画にする」といいのです。

 

ビューレットビルダーの場合 一番問合せがあったのはこちらです。
ラインセンス認証 オンライン編 1分21秒 (いまはほとんどありません)
http://www.dougamanual.com/blog/117/692/e3283.html
その後、必要なサポート、問合せ順に動画を作り、まとめたサイトがこれです。
http://webdemo.co.jp/wp2018/software/how2vb/index.html

 

見てもらうためには、

 

誰に見てもらいたいのか?
見てもらいたい人は何を見たいのか?

 

ということを考えましょう。

 

あたり前すぎる!と思われる方もいらっしゃると思いますが、
「自分が見せたいだけの動画」を配信した結果
見てくれない! 動画は使えない!という人が多いのです。
動画だから見てくれるということはありません。
まずは、お客さんが見たいと思われる動画コンテンツを作成、配信しましょう。

 

重要:さらに 動画を見てもらうためには、リンクタイトルをわかりやすく明記することです。

 

例えば
ラインセンス認証解除 動画
http://www.dougamanual.com/blog/117/692/e3284.html

 

というようりも

 

「ソフトウェアのパソコン入れ替え時に使用します ライセンスの解除方法」 39秒
http://www.dougamanual.com/blog/117/692/e3284.html

 

とリンクを書くことで、より多くの人がクリックし、見てくれます。

 

具合的なサポート内容、質問内容をわかりやすくタイトルに付けることが大事なんです。

 

■動画マニュアル.comでは見てもらう動画を探すために
検索エンジンや Yahoo知恵袋などを使い どのような質問が多いのか?という観点で
動画を作っています。

 

例えばこの動画は 8万回 再生されています。
Twitter リツィートする方法
http://www.youtube.com/watch?v=a2KbTsZ-uno

 

動画を見てもらうことを意識して動画のシナリオ作りを考えましょう。
自分だったらこの動画を見るかな? という発想も大事です。
今回は以上です。

動画に関するお問合せ

伝わる動画制作、解説用のマニュアル動画、プロモーション動画に関するご相談はこちらから
YouTubeを始めたい方は必読
YouTube 投稿&集客で稼ぐ! コレだけ! 技 (当社で監修)