動画マニュアルを始め 最初に考える3つのポイント

マニュアルは読まれない

マニュアルは読まれない

組織の中では、日ごろたくさんのマニュアルが存在します。
最近は、パワーポイントが日常に使われ、だれでも簡単にマニュアルを作ることが
可能になったため、
各部署、ソフトウェア等、様々なマニュアルが存在し、増え続けています。

日々の仕事が忙しい社員にとって、マニュアルを読む時間を捻出することは大変です。
しかもマニュアルを読んでシステムの使い方をマスターせよ!といわれても
中々 思い通りにいかないものです。

その結果、マニュアルを読まず、ソフトウェアを使いこなせない。

社内システムの担当者の悩みは、
マニュアルを読まれない=システムの稼働率が低い、その結果
想定している生産性が上がらない=サポートが忙しい

当社の制作案件でも、このような問題をよくお聞きします。

折角のシステムを導入しても、使ってもらわなければ意味がありません。
そのためにも、使ってもらうための仕組み、マニュアルを読んでもらう工夫が大切になります。

読まれないマニュアルに対して、当社では長年、動画マニュアルを提案し、
多くの企業様で導入していただいていますが、

ただ動画にすれば、いいというわけではありません。

今回は、動画マニュアルを作る上で予め考えておくべきことについて
大切な3つのポイントについてお伝えします。

動画活用最初に考える3つのポイント

1:必要な情報のみを動画にする

マニュアルが読まれない原因として、情報量が多すぎること。

家電の分厚い取扱説明書のごとく、必要な情報がどこにあるのか?
探すことが大変手間になっていることが多いようです。

動画マニュアルの場合、できるだけ情報量を絞り、簡潔なシナリオを作ります。

当社でお勧めするのは1コンテンツあたり、情報量にして2分前後をめざし、

伝えたい情報も絞り込むということです。

2:必要な人のために動画を作る

動画マニュアルは、時系列で伝えることができるため「わかりやすい」
「操作がイメージできる」というメリットがあります。

実際の場面をイメージできる動画マニュアルは、導入初期のユーザーに効果を発揮しますので、
利用者を初心者、導入初期のユーザーに絞って作成することをおすすめします。

ソフトウェアの場合、システムによって操作手順の「くせ」「特徴」がありますが、
動画を使うことでひととおりのパターンが理解でき、
操作のパターンも導入時に把握できるようになります。

導入者には、何度も動画を見ていただくことで、ソフトの「くせ」を自然に覚えてもらうと
良いようです。

3:キーワード、タイトルを考慮する

マニュアルの弱点の一つとして、該当する項目が見つけにくいということがあります。

ユーザーはわからない時などにマニュアルを開き、目次や文章のタイトルで項目を選びますが、
タイトルがわかりずらいと、探すことができず、あきらめてしまうことが多いのです。
(その結果サポートに直接尋ねてしまう・・・)

動画は中身まで検索することができません。 そのため、タイトルや概要をしっかり記述しなければ
どのような動画なのか? 見る価値があるのか?という判断ができないものです。

これはウェブで公開する時も同じです。動画はタイトルと概要を通して再生するか判断されること
忘れないようにしましょう。

例:×エクセルの使い方 その5

エクセル セルに色、グラデーションを付ける方法

具体的に何を行うのか?ということをタイトルに書きましょう。

★マニュアルはあくまで、システム稼働率を上げ、効果を上げてもらうためのツールです。

マニュアル作りが目的ではありません。稼動率、サポート効率化を目指して動画を活用しましょう。

サービス・商品の説明にアニメーションを

ウェブサービスなどの形のないものを「わかりやすく」解説するアニメーションも制作しています。
ホワイトボードアニメーションなら、インパウトがあり、記憶に残る解説を見せることができます。

動画マニュアルを始め 最初に考える3つのポイント” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です