ユーチューブ利用者 4つのタイプについて

Youtubeをやる人4つのタイプがあると言われています。

一つ目は有名なユーチューバー、

例えば hikakin の様な youtubeで有名になったタレントの様な人たち。
彼、彼女らが率先してYoutube業界を引っ張っています。小学生の将来の夢、人気ランキングでも上位にあるのは彼らの様な存在です。Youtubeでも、彼らの事を率先して応援フォローしていますね。
Youtubeと連想するのは多くの人はこのユーチューバー達でしょう。

趣味で動画をアップする方々

自分の旅行先の映像や趣味の動画、イベントの様子を親しい人で楽しむ様なYoutubeの使い方です。
彼らの中にも趣味が高じて多くのアクセスを集めるかたもいらっしゃいますし、本当に個人の楽しみだけで使う方もいらっしゃいます。
多くの方が動画の保存場所としてYoutubeを活用しています。

3つ目はビジネスで動画を使う人たち

会社の宣伝やサービスの紹介を動画で提供配信する人たち。
企業の広告や宣伝などもこれらと同じです。中小企業の経営者や店舗の経営者が行うのはこのビジネスの動画になります。 ビジネスの動画と言っても宣伝だけではなくノウハウの提供や webセミナーなどもここに該当します。

コピペで稼ごうとしている輩

4つ目はテレビや有名動画のコピーなどでアクセスだけを稼ごうとする人達です。アクセスを稼いで広告収入を得ると言うこのユーチューバーは年々稼げないので減っていく様です。
以前はこれらのビジネスの指南として詐欺まがいの業者もたくさんありましたが現在は激減しています。

自分を売り込むために動画を活用

元々ヒカキンなどのなどのユーチューバーも、自分のサービスや特徴を多くの人に知ってもらうために動画を始めた様です。
自分の特技を披露して多くの人に関心を持ってもらいネットを通じて有名になる。
これは、ビジネスで動画を使うのと本当は変わりがないのです。

ユーチューブをビジネスで使うということは、自分自身を有名にする認知を広げる活動が一番大切です。
直接動画から問い合わせ来ることは少ないのですが、
何かある時に動画を経由して、あなたを思い出し、サイトや電話に問い合わせが来ると言うことが期待できるのです。

Youtubeを使って小さな業界や地域で有名になる事

まだまだ動画を使っている業界は少ないので、今動画で使えばその業界で一番のユーチューバーになれる可能性があります。
あなたはその道での有名人になれるわけです。

動画をビジネスで使うなら認知を上げる事を目標にしましょう

Youtubeを使って検索上位に上がったり売上が上がる集客ができると言う前にまずは継続してアップをしながらあなたの認知を広げることが第一です

このエントリーは音声入力で描いてみました。

このエントリーは音声を文字にしてブログに貼り付けました今ではこうゆう便利なサービス道具もあるので誰でも簡単に文章を作ってことができる様になっています。

参照:Googleドキュメントの音声入力で文章を自動入力

追伸:iPhone動画講座始めています。 第一回目の2day講座が昨日 終了しました。
シナリオのテンプレートを使って、iMovieの動画も作ります。

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから