スライドのフェードイン効果

スライドを切り替える時に使えるフェードアニメーション

時間の経過、完成した画像を見せる時に画面をフェードをつかって切り替える方法です。
パワーポイントでも「ディゾルブ」のようなスライドを切り替える効果がありますが、ビルダーでは画像を挿入しフェードアニメーションを使うことでフェード効果を表現します。
このようなイメージです。
anime

フェードアニメーションの作り方

1:画面を切り替える前のスライドを複製します。
複製ができたら、吹き出し、オブジェクトなどを削除します。カーソルも削除しましょう。
背景画像だけになったスライドで、表示秒数を2秒に設定します。

2;画像を挿入する
切り替わる予定のスライドの画像を挿入します。スライドの画像がリソースファイルに含まれていますが、
ツールメニューの「背景の編集」ボタンから画像の名前を確認できます。
背景画像の編集で確認

3後は、画像にフェードアニメーションをつけます。
フェードの設定はプロパティから行います。フェード表示の設定は以下の通りが基本です。
フェードイン(表示)に1秒 フェードアウトは0秒にするといいでしょう。
フェード設定
フェードアニメーションの設定方法はこちらのムービーをご覧下さい。

どうぞ活用してみてください。

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから