ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点

Adobe Flash Playerサポート終了

FlashPlayerの終了に伴い、今後Flash機能についてのサポートも終了いたします。恐れ入りますがどうぞよろしくお願いいたします
Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ
アドビは2020年12月31日でFlash Playerをサポートを終了するため、2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックします。すべてのユーザーの皆様にはFlash Playerを直ちにアンインストールし、ご自身のシステムを保護することを強く推奨いたします。
—————————————————————-

ビデオキャプチャでSWF出力する時の注意点

ビデオキャプチャからflashファイルにパブリッシュする場合、いくつかの注意点があります。

その1 Swfファイルが複数ある?

ビューレットビルダー8でビデオキャプチャを選び出力すると、複数のswfファイルができる場合があります。
swf801
このflashmediaelement.swf とSWFLoader.swfは Flashムービーを制御するファイルです。
公開する場合はフォルダ内にいれ、削除しないでおいてください。

その2:動画ファイルが2つに分かれる?

swf802
こちらの図では、ファイルデータが233.swfと233_video2.swfと二つのファイルに「分割されて」います。
これはどちらも削除することなく、同時に使用する必要がありますが、このswfファイルを一つにする方法があります。

ビューレットビルダー8の場合
swf8
プロジェクトのプロパティ「Viewletオプション」の中に「アドバンス」タブがあります。ここを開き
「swfの分割」のチェックを外してください。

ビューレットビルダー7の場合
vb7swf
同じくプロパティより flashを指定 同様に チェックを外してください。

注意!パブリッシュは上書きされます。

パブリッシュは自動的に「output」フォルダを作成し、ファイルを上書きします。これはswf mp4 flvとも同じ「output」フォルダーに作成することになり、上書きされないファイルはそのまま残り、どれが最終的に必要なファイルなのかわからなくなる場合があります。 一度完成したファイルはoutput フォルダごと 名まえを変え、別の場所に保存しておくといいでしょう。

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから