YouTubeの著作権について

他人のYouTube動画を自分のブログに埋め込んでコンテンツを作ることは著作権に違反するのでしょうか?

例えば他の人の動画をブログに埋め込む場合は違反しているのか?

答え:YouTubeのコンテンツをブログで埋め込んだり、SNSでシェアするのは問題ございません。
引用:YouTube ウェブサイトの商用利用が禁止されるケースと許可されるケース

ブログで時々 YouTube の動画を貼り付けてコメントを付けたり読者に好きな動画を見せたりすること自体は問題ではなく、それが一般向けの広告を含んでいるブログであったとしても YouTube はその行為を禁止しません。ただし、大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

最近問題になっているバイラルメディア(悪質な場合)では、後半の部分で規約に恐れがあるのです。

YouTubeによると

YouTube はユーザーのためのコミュニティです。 YouTube は一人一人のユーザーによって成り立っているサイトですので、思い切って参加してみてください。

とのことです。動画を共有されること、facebookなどでシェアされることは、より多くの人の目に止まることができるので、
大変有難いこと、新たなコミュニケーションが生まれる機会が増えます。

自分のブログに動画を埋め込むことのメリット

自分のチャンネルの動画を埋め込むことで、youtube+ブログでのアクセス効果があります。
seo的にも効果があります。(有効なリンク、youtubeのアナリティクスでは共有も解析されています。共有は有益なコンテンツとしてのカウントがされているということです)
他の人の動画を埋め込むことにより、コンテンツの紹介を行なうことも有効です。
自分のコンテンツがシェアされることは、ほとんどの人にとってはありがたいこと。
ブログに訪れたユーザーが動画を閲覧し、滞在してくれること=滞在時間の長いページ=有益なページとして評価されます。
気兼ねなく共有すること、共有されることを楽しみましょう。

動画の埋め込みを無効にしたい場合

もし自分の動画が勝手に引用されるのはいやだ!という場合は・・・埋め込みを無効にすることができます。
こちらをご覧ください。
引用:動画と再生リストを埋め込む

動画をアップロードし、その動画を他のユーザーが外部サイトに埋め込めないようにするには、次の手順で埋め込みを無効にします。
[動画の管理] を開き
設定を変更する動画を選択し、[編集] をクリックします。
動画の下に表示される [詳細設定] をクリックします。
[配信オプション] セクションの下の [埋め込みを許可] チェックボックスをオフにします。
ページの下にある [変更を保存] をクリックします。

こちらの内容もお読みください

youtubeのプライバシー設定

Youtubeの著作権について

ウェブデモの集客サービス

単発相談から6か月の顧問契約まで、4つの基本メニューを用意しています。
集客のための動画マーケティング 1社限定1日研修

ウェブ集客アドバイス 単発コンサルティング

集客動画制作サービス

ウェブ集客コンサルティング(顧問契約)

その他のご相談はこちらから

ウェブデモ ソーシャルメディア
フォロー歓迎 毎日 つぶやいています ウェブデモツイッター
動画集客 Facebookページ

vine instagram もやってます。フォロー大歓迎

サービス・商品の説明にアニメーションを

ウェブサービスなどの形のないものを「わかりやすく」解説するアニメーションも制作しています。
ホワイトボードアニメーションなら、インパウトがあり、記憶に残る解説を見せることができます。