DJI Osmo Mobile カメラスタビライザー使い方 ビデオマニュアルのサンプル 

iPhoneアプリを使ってビデオマニュアルを編集してみました。

マニュアル撮影の前に行うこと

撮影する前に手順をまとめておきましょう。実際に操作をプレゼンテーションしてみて、一つ一つの手順で見せる場所、説明するポイントを分割しておきます。
この分割する一つ一つの場面をショットと呼びます。マニュアルのシナリオはこのショットを整理することが重要になります。

ここで1ショットに1つコメントをつけるようにします。コメントは20文字くらいが限界です。長い説明には動画は不向きです

撮影方法

撮影自体は、iphone本体の撮影があるためミラーレスカメラを使っています。マニュアル撮影で必須なのは、三脚です。カメラは固定すること
背景は雑然としないように、被写体がわかるように十分な明るさを保つようにしましょう。

ショット内の編集

1ショットづつ 映像を挿入し、テキストやナレーションを入れて行きます 映像の長さもこの画面で調整して行きます

音声やBGMの総合編集

ショットごとの編集を繰り返し、全てが完了したら、全体でプレビューします。音声やBGMを調整してください

Youtubeに公開する

できたらYoutubeに公開します。一般公開ではなく、限定公開を行って、公開までにタイトルや概要を調整しておきます。
このアプリでは、Youtubeのみ公開するアプリなので、アップロード後にデータをダウンロードして他のサーバーやWebサービスにアップします

完成サンプルはこちらです

完成したデータはこちらです。このガジェットは、iPhone撮影で便利はスタビラーザーなのですが、使用イメージ動画も最後に掲載しています。
2:00あたりから始まります

DJI Osmo Mobile カメラスタビライザー

アマゾンでも購入できます、今ならスタンド付きキャンペーンやっているようです。スタンドがあると便利です!

iPhoneアプリがあれば、社内でもビデオマニュアルが自分たちで制作できますね。
参照:iPhoneの弱点を克服する動画作成方法

参照:iPhoneを使って「仕事に使える動画コンテンツ」を作る講座 開催しています。

iPhoneを使ったビデオマニュアル作成講座

ビジネスアニメが誰にでも簡単に作成できます

ビジネス向けPRアニメーションが2時間で誰でも作れる。コストをかけずに効果的なプロモーションアニメができる、日本初上陸の新サービスです。サンプルアニメ、体験版はこちらから